カフェでも水素水





先日のこと、学生時代の男友達と久々に会うことになり、どこかでお茶でもと手頃な場所を探していたら、彼がどうしても行きたいところがあると言います。
そこは、フルーツとクリームがたっぷり盛られたケーキがとても人気の、有名なカフェでした。
聞くと、女性をともなわないと入りづらいのだ、ということです。

そこで、何と見付けたのが、水素水
今では、下北沢にも皮膚科が置いてあるカフェもあるんですね!

男性のスイーツ好きはかなり多いと思いと思います。
ときどき行く、ホテルのデザートブッフェなどでも、男性のお客様のほうがよっぽど食欲旺盛に見えますが、それでも男性のみで来ている方は皆無なんですね。
男性の方でも、水素水を飲みながら、スイーツを食べれば美味しいんですが。

でも、女性の方がスイーツ好きなのは、「そんなの当たり前じゃん!」と、思われた方も多いのではないでしょうか?
どうしてもスイーツは女性のもの、というイメージは強いようで、「男性がスイーツ=恥」という感覚も、昭和生まれとしてはすんなり理解できます。

ところが最近、周囲では「女性のスイーツ嫌い」という逆の現象に出会うことがあります。
つまり、男勝りに仕事もバリバリこなし、肩で風切って歩くような女性が、イメージを嫌ってスイーツを食べない、ということが、意外に結構あるのです。

そこで、水素水を飲みながらなんていかがでしょう?
そういえば、スポーツジムやクリニックでも最近は水素水のサーバーなどを置いているところがありますよね。 私が通っている下北沢の整形外科にも、水素水サーバーを入れてくれないかしら。
そういえば以前私も、とあるホテルの求人の飲み会でデザートを食べていて、年配の男性に、
「ケーキ食べてるときは静かだね、やっぱり女の子だね~」と言われて、なんとなく嫌な感じがしたことがあります。
他意はなかったと思いますが、女性の心理って複雑です。

うーん。本当は男女に関係なく、素直にスイーツと一緒に水素水も楽しめるのが一番いいんですけどね。
とりあえず、「スイーツ親方」こと、元横綱大乃国 芝田山親方には、男性スイーツ好き代表としての活躍を期待しているところです。